災害ボランティアに参加しました

いつもアラワラブルー店のブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます!

今回の担当は松永です!

よろしくお願いします!

台風が去っても暑い日が続きますね。

 

皆さまいかがおすごしでしょうか?

 

私は先日、公休日を利用して

真備にボランティア活動で行ってきました。

災害が起きてからは初めて真備に入ります。

なぜボランティアに参加しようと思ったのかは

①映像で見るのと自分の目で見るのでは感じ方が違うと思ったから。

②今度、自分の住む所で災害が起きた時、助けを求めるならば自分は助けに行けていたのか。

③自分の知り合いも何名かボランティアに参加している

以上の理由で行きました。

今回1人で調べて1人で参加しました。

まず、行くまでに装備を確認。

ボランティアに行って自分が熱中症などになり迷惑をかけてしまうとどうしようもないので、水分や塩分を持って行きます。

軍手とビニール手袋も忘れず買いました。

まず自分の車で玉島のボランティア受付に。2回くらい通り過ぎたり、道を間違えたりしました。

受付をして5人チームに振り分けられて注意事項を聞いてバスに乗り込みます。

真備支所に到着したら行き先を伝えられます。

私のグループは2グループ合同、計10人で支所のすぐお隣、文房具店兼住宅に派遣されました。

道具はデッキブラシやスコップ、チリトリなど持って行きました。

フロア一面、階段も泥だらけ。

それをひたすらに削り、水かけて擦り、雑巾やモップで拭き取る。

フロアがきれいになった時は達成感がありました。

しかし、時間切れで完全にはきれいになってない。

初めは10人いるし、家財道具は全て外に出ているし、余裕かなと思いましたかが、、

泥で汚れた家の片付けは悲惨で大変でした。

瓦礫も山積みでまだまだ片付けが進んでいない。それもそのはずで、被害エリアが相当な範囲だからでしょう。

帰りのバスの車窓からはカーテンが一切なく一階も二階も窓が全開になった家が建ち並んでいて浸水したエリアという事を訴えているようでした。

 

また書ききれない事もあります。

またご来店の際にお話します。

ご来店おまちしております。

あわせて読みたい